自宅でいびきを克服できた。パートナーも大喜びです。
1日10分でいびき解消!

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

いびきの外科手術治療

睡眠時無呼吸症候群いびき治療するための方法の中に、外科手術が挙げられます。

原因が病的な症状によるものや、病気が原因になっている場合に適応されるのが外科手術による治療法です。

病的症状で外科手術をしなくてはならないものとして、極端にのどちんこが長い場合や、扁桃が気道内で肥大されている場合などが挙げられます。
外科手術睡眠時無呼吸症候群いびきで行われる手術法はLAUPやUPPPとなります。

LAUPとUPPPというのは、気道を塞がないようにするために喉の形状を変えるという方法となっています。
外科手術による治療で、咽頭部分を広げますので、呼吸がしやすくなるのです。
空気の通りが良くなると、血液中の酸素取得量も増えることに繋がるのです。
血液中や体内の酸素取得量が増えれば、心臓への負担も軽減されますので、高血圧などといった合併症になる危険性も少なくなるのです。

ここでは手術法について説明していきます。

・UPPP
UPPPは睡眠時無呼吸症候群治療に有効であるといえます。
外科的に軟口蓋や口蓋などを除去して、鼻腔と口腔の粘膜を縫合していき、突っ張っているような緊張状態にしていきます。

・LAUP
この手術法はいびき治療するときに使われています。
切除する範囲はUPPPと比べると狭くなっており、レーザーで照射していきます。

睡眠時無呼吸症候群いびきなどの原因となっている粘膜を切除したり、咽頭部を広げるために外科手術を行って、空気の通りを良くするという目的があります。

症状によっては、気管切開をすることもあります。

どのような場合だとしても、専門医に診断をしてもらって治療をしてもらうようにしましょう。

«鼻マスクでいびき治療 | トップへ戻る |  いびきをレーザー治療で治す»

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。