自宅でいびきを克服できた。パートナーも大喜びです。
1日10分でいびき解消!

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

いびきをレーザー治療で治す

いびきをしているときは自覚症状はありません。

しかし友達や恋人、家族などの睡眠を妨げてしまったり、心臓病、脳梗塞、慢性疲労、睡眠時無呼吸症候群、最悪の場合突然死することもありえるほど怖いものなのです。

いびきだと思って軽く考えていると後々後悔することになるかもしれないのです。

いびきの治療方法としてレーザー治療が挙げられます。
レーザー光線をのどちんこ周辺に照射して、軌道を拡張するというものです。

のどちんこ周辺にレーザーを照射することによって、喉の粘膜の振動が消え、いびきが軽くなるというものとなっています。

レーザーを照射することに不安を感じる人もいるでしょうが、スプレーで局所麻酔を手術時に行いますので、ほとんど痛みを感じることはないそうですので、安心してください。

手術で必要となる時間も5分から15分くらいですので、時間もそんなに掛かりません。

手術をした後の通院は絶対にしなくてはならないというものではありません。

良好に経過したのであれば、炎症が解消される1週間後と、手術の反応が消える1ヵ月後、喉の形状が決定される3ヵ月後などに通院をするだけで良いと思われます。

そして痛みは、手術をして数日の間は、扁桃腺に似た痛みを感じることもあります。
喉に違和感を感じるとしても1週間くらいで解消されるそうです。

他にも、食事をするとき、飲み込みづらいなどといった違和感を感じることもあるみたいです。

手術をした後は食事制限として、辛いものや熱いもの、硬いものなどの刺激物を食さないようにして、タバコやアルコールも控えるようにしてください。

そして、1日に5回から6回くらい処方されているうがい薬でうがいをするようにしましょう。

«いびきの外科手術治療 | トップへ戻る |  いびき治療と保険»

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。