自宅でいびきを克服できた。パートナーも大喜びです。
1日10分でいびき解消!

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

いびき治療と保険

いびきを治療する場合、無呼吸症候群になっているのであれば保険が適応されます。

無呼吸症候群によって生じているいびきとは、絶対に多いとは言い切れるものではありません。
たいしたいびきではないのであれば、自覚症状はなく、家族などからいびきに関して指摘されるということが殆どです。

このようなケースであれば、保険が適応されませんので、病気扱いにならないのです。

いびきをかいている人はかなり多くなっており、社会問題としても取り上げられることが多いのですが、病気として認識されないことによって治療や診断をしないで、重度になってしまうケースがあります。

他の病気と異なっていることとして、いびきというのは薬による治療法が確立されていないということが上げられます。
これによっていびきの治療のための手術以外にも、民間療法などもあります。

レーザー治療は保険


病院で行われる治療として、レーザー治療などが挙げられます。
レーザー治療をすることによるメリットとは、副作用が少ない、痛みを殆ど感じない、入院をする必要がない、局所麻酔、出血量が少ない、ということがあります。

ですが、保険適応されない場合、高額な手術費用を支払わなくてはならない場合があります。
この場合は、手術費用として20万円ほど必要となると思われます。

これ以外にも、鼻炎治療の一環として、レーザーで鼻の奥にある粘膜を焼いていき、空気の通りを良くしていきます。

手術をして2週間から3週間ほどは不快感に感じることもあるかもしれません。
これ以外にも食事を制限されたり、アルコール摂取を禁じられたりしますが、少しずつ良くなっていきますので、通院をきちんとするようにしましょう。

なお、症状の内容によって、保険が適応されるケースもありますので、医師にきちんと相談をするようにしましょう。

«いびきをレーザー治療で治す | トップへ戻る |  いびきは怖い?»

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。