自宅でいびきを克服できた。パートナーも大喜びです。
1日10分でいびき解消!

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

いびきは怖い?

いびきって実は怖いものだということをご存知ですか?

いびきによって生じる睡眠時呼吸障害は、呼吸中枢の中枢清祥が、寝ているときに上気道が狭くなることによって起きる閉塞性障害、そして閉塞性障害、中枢性障害が重なった混合性障害と呼ばれる障害に分けられます。

いびきは、上気道が狭くなることによって生じる閉塞性障害によって発生しています。
気道の周囲というのは、軟骨や骨で守られていないので、問題が深刻化される箇所となっています。

いびきとは、周期性のいびきと持続性のいびきに分類がされています。
この持続性のいびきと周期性のいびきの性質について説明をしていきたいと思います。

・持続性いびき
寝ているとき、上気道の抵抗が少なくなるので、換気を充分にしているので酸素が不足するという事態にはなりません。

・周期性いびき
上気道がかなり狭くなりますので、一時的に呼吸はされるのですが、呼吸をしていない状態がほとんどとなります。
呼吸がされていないと、血液中に含まれるはずの酸素が足りなくなり、体の中に炭酸ガスが貯まってしまいます。
呼吸が停止されていて炭酸ガスが貯まると高いいびきの音となります。

いびき、睡眠時無呼吸症候群によって、睡眠障害となり睡眠不足になると、日中に眠くなってしまったり、集中力が足りなくなってしまったり、覚醒障害などになってしまう可能性が出てきてしまいます。

睡眠障害になっているときに、車を運転していると事故に繋がってしまうこともありますので、注意をしなくてはなりません。
他にも、血液の中に含まれている酸素が不足している状態の場合、能に刺激を与えてしまいますので、覚醒してしまうことにもなります。

これ以外にも、酸素が不足してしまうと、肺性心合併や高血圧などといった合併症になってしまう可能性がありますので、注意してください。

«いびき治療と保険 | トップへ戻る |  »

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。